学校法人利根川学園
とねがわ幼稚園
〒350-0165
埼玉県比企郡川島町大字中山1733-2
TEL.049-297-3000
FAX.049-297-3449
幼稚園概要
・昭和52年創立
・冷暖房完備
・預かり保育あり
・送迎バス2台運行
・敷地2513㎡

■ 預かり保育
■ 課外教室
■ 未就園児教室
 

園長ブログ

 

ブログ

ブログ
フォーム
 
7月6日 梅雨空が続きます。
2020-07-06
 今日も、子どもたちはずっと室内ですごしました。力がありあまり、その力の発散の仕方を知らない年少さんの中には、泣き叫んでしまう子もいましたが、その気持ちも分かります。でも、こういうときには「がまんする」ことができるようになって欲しいと思います。
 四月、五月生まれの誕生会を行いました。これまでは、ホールに全園児が集まり、保護者の皆様にも参観していただき、とても賑やかな中での誕生会でしたが、今年は各クラスで行いました。それでも、名前や好きな食べ物、好きな遊び、将来の夢を学年に応じて語り、皆で祝福しました。ゲームをしたり、読み聞かせをしてもらったり。誕生祝いのヨーグルトを皆で美味しそうに食べました。人数は少ないですが、「おめでとう」と言う気持ちはまったく変わりません。
 年長さんは、鼓笛が始まりました。まずホールに集まった子どもたちに、鼓笛の大切な役割や一人ひとりが前向きに頑張ることを伝えた後、いよいよ担当楽器等の発表です。第二希望、第三希望になってしまった子もいましたが、しっかりと受け止めてくれました。これから長い練習期間があります。途中で投げ出したくなることもあるかもしれませんが、ぜひ乗り越えて、晴れの舞台に臨んで欲しいと思います。
 ①②年少さんと年中さんの誕生会の様子です。先生の隣でほほえむ誕生月の子どもたちは、なんだか誇らしそうでした。自分の名前もしっかり言えました。
 ③鼓笛練習のスタート。エコーとグロッケンを担当する子どもたちです。初めての自分の楽器にドキドキしながら向かい合います。「今日は好きに音を鳴らしていいよ。」と先生に言われても、なんだかおっかなびっくり。でも、次第に、大きな音が響いてきました。
 
7月2日 
2020-07-02
 新型コロナウイルスの感染者がじわりじわりと増えています。今日は、東京で100人を超す新規感染者が出たそうです。コロナウイルスの新たな足音が近づいているようで不気味です。緊急事態宣言が解除され、コロナウイルスへの脅威はなくなったような錯覚が、もしかすると一人ひとりの心の中で膨らみ始めているのかもしれません。油断は禁物です。幼稚園でも、もう一度気を引き締めて、感染防止策を確実に行って参ります。と同時に、保護者の皆様も、園に入るときの約束を守り、園内にウイルスを持ち込まないようご理解とご協力をお願いいたします。
 新型コロナウイルスの影響で、この春、子どもを取り巻く環境は大きく揺れました。親はついつい「将来のため」とか「何かのために」と親の思いを押しつけがちですが、子どもが一人で、友だちと一緒に遊ぶ時間を大切にして欲しいと思います。自分が好きなことは、好奇心いっぱいの子どもが自ら学び、自ら創り出す遊びの中にこそ見つかるはずです。長い人生、前に進むだけでなく、時には後戻りすることもよしとするなど、こんな時だからこそゆっくりと歩みを進めることも大切ではないでしょうか。
 ①②③それぞれの学年の子どもたちが自分の書いた短冊を飾りました。手を合わせてお願いをしました。願いが叶いますように。
 
7月1日 一斉登園二日目。賑やかさが倍増しました(^o^)
2020-07-01
 元気が何より。担任も私も一日走り回って、疲れました。でも、それが一年中続くものではありません。子どもたちと笑顔ですごす一日がこれから先もたくさんあるように、私も笑顔で過ごします!
 ①年少さんは、シール遊びをしました。新聞紙にシールを貼ってドレスを作る子がいました。箱にいっぱいシールを貼って宝石箱のようにする子がいました。カップヌードルのカップにシールを貼って防止にする子がいました。その姿を見て「消防団の帽子だ。」と教えてくれる子がいました(さすが川島っ子)。先生の全身にシールを貼って先生をシンデレラに変身させる子もいました。
 ②体操も三密を避けて行います。
 ③年長さんが、収穫したミニトマトとキュウリを見せてくれました。キュウリの電話で私は呼び出されました。
 
6月30日 一斉登園初日。残念ながら雨。
2020-06-30
 いよいよ一斉登園が始まりました。感染防止については保護者の皆様のご協力を頂きながら、私たちができることを精いっぱい行います。保育については、子どもたちの気持ちに寄り添い、自ら成長しようとする力を大切にして、私たちができることを精いっぱい行っていきます。
 今日の幼稚園は、久しぶりににぎやかでした。鳴き声も、笑い声も園舎の中に響きました。久しぶりに会った友達と笑顔で話し合う姿がありました。急に大人数になったので教室に入るのを戸惑う姿がありました。園舎に入るにもバスに乗るにも長い列ができました。教室が急に狭くなったような気がしました。子どもたちとおしゃべりしていると、マスクを通しての私の声が届きにくいのか、「えっ」て聞き返されることがありました。とにかく、にぎやかな幼稚園が戻ってきました。
 ①年少さんの給食風景です。当番さんが給食を配ったり(消毒をして配ります)、当番さんが前に出てあいさつをしたりと、子どもたちが活躍する場面が増えました。
 ②年中さんの教室は29人。皆がそろって朝の歌を唄う元気な声が聞こえてきます。マスクを通しての歌声はやっぱりいつもより小さくなっています。
 ③年長さんは係を決めました。いよいよ自分たちのクラスのことは自分たちで行うんだという自治の基礎を学びます。出席確認係、日付係、予定表係、英語係、体操係、牛乳係、整頓係、身だしなみ係、配り係、掃除係とたくさんの係の中から、自分のやりたい係を決めます。お子さんはどんな係を選び、何係に決まったでしょうか?
 
6月29日 梅雨の雨間の晴れ空した
2020-06-29
 分散登園最後の日は梅雨の晴れ間に恵まれて、外遊びを十分に楽しんだ子どもたちです。いよいよ明日から一斉登園になり、全園児が揃います。新型コロナウイルス対策を十分に行いながら、新しい保育がスタートします。3つのグループが合わさってどういう化学反応をみせるか楽しみ半分、不安半分です。でもきっと、その子らしさを発揮して、楽しい園生活がスタートすることでしょう。
 ①とねがわ幼稚園の絵本の部屋にはたくさんの絵本が子どもたちを待っています。そんな絵本の部屋が子どもたちは大好きです。今日は、図書室で読み聞かせが始まりました。子どもたちのウキウキした顔を見ていると、私まで幸せな気持ちになります。
 ②手をいっぱいに広げて、両手にお友だちの手を握り、園庭を横切っていく光の矢のように見えました。よくまあ転ばないものだと感心しているうちに、教室前のテラスから、あっという間にディノワールドに消えていきました。
 ③一輪車への挑戦は、年長さんだけに許された特別な領域です。それは誰もが、すぐに乗りこなせるようにならない難しい挑戦になるからです。今日も一輪車に挑戦していた子は足を思い切りペダルにぶつけ青あざになっていました。さぞ痛かろうと思うのですが、「明日も挑戦するよ。」と元気に答えてくれました。
新​園​舎​に​な​り​6​年​目​で​す​
qrcode.png
http://tonegawayoutien.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<学校法人利根川学園 とねがわ幼稚園>> 〒350-0165 埼玉県比企郡川島町大字中山1733-2 TEL:049-297-3000 FAX:049-297-3449