学校法人利根川学園
とねがわ幼稚園
〒350-0165
埼玉県比企郡川島町大字中山1733-2
TEL.049-297-3000
FAX.049-297-3449
幼稚園概要
・昭和52年創立
・冷暖房完備
・預かり保育あり
・送迎バス2台運行
・敷地2513㎡

■ 預かり保育
■ 課外教室
■ 未就園児教室
 

園長ブログ

 

ブログ

ブログ
フォーム
 
11月20日 これまで半そでで過ごしていた園長も、今日から長袖になりました。
2019-11-20
 今日も子供たちは、冷たい空気や北風に負けずに、園庭を駆け回り、ボール遊びや砂場遊びを楽しみ、先生や実習生と一緒に遊び、、、と元気いっぱいに過ごしています。一方で、少数ですが体調を崩して、お休みをしている園児がいます。また、咳がでるために今日の体操を見学する子もいます。ちょうど1年前、年中さんのクラスでいっぺんに8名の園児が感染性胃腸炎でお休みしました。いよいよそんな時期に入ったのだなあと改めて思い出しました。幼稚園では、感染予防のために、本日から園バス乗車の際に手指消毒の実施、エントランス入口へ手指消毒剤の設置を始めました。感染予防には、十分な睡眠、栄養バランスの良い食事がなによりも大切ですが、日ごろから感染源を口の中に入れないために手洗いを行うことが重要です。寒い時期になり、手洗いがおろそかになりがちですが、ご家庭でも徹底できるようご理解とご協力をお願いします。
 ①子供たちの服装を見ると半袖シャツ、半パンツの子が多いのですが、少しずつ長袖、厚手のスモッグへと移行しているようです。子供たちは一度衣服を着てしまうと、衣服を脱いだり着たりして体温調整することが苦手です。そんなことも踏まえながら衣服の準備をお願いします。
 ②体操をしている子は、皆が半そで、半パンです。元気に飛び回っている姿からは寒さを感じません。子供たちが体操をしている姿を見学していた男の子と一緒に見ていました。彼が突然、空を指さして、「園長先生、あの雲は地震雲に似ているね」と教えてくれました。
 ③今日は、ホールでそれぞれのクラスが生活発表会で演じる演目の「見せあいっこ」をしました。ちゅうりっぷと年少さんで、年中さんと年長さんで。演目を演じ切ると他のクラスの子からたくさんの拍手が贈られました。もちろん時間の関係で全てのクラスが「見せあいっこ」ができたわけではありません。
 
11月19日 今日はあたたかないち日でした。
2019-11-19
 朝の一コマ。学級を超えて、学年を超えて遊びが広がっています。
 
11月18日 焼き芋パーティーの日
2019-11-18
 朝、ちょっぴり雨が落ちましたが、心配することなく好天の中、焼き芋パーティーを行うことができました。子ども達の顔は、もちろん満面の笑みで、「焼き芋のおかわり」という声も聞こえました。
 ①年少さんの身体測定。人によって差はあるけれど、どの子も成長しています。
 ②利根川先生がおこした火に、子どもたちがアルミホイルで包んださつま芋を投げ入れます。それを駒林先生が丁寧に焼いてくれました。
 ③ちょうどよい塩梅に焼けた芋は、ほくほくしてとても美味しかったです。お家の方にも食べていただきたかったな。
 
雲一つない青空。まさに洗濯日和。
2019-11-15
 幼稚園では、インフルエンザなどの流行する病気にかかっている園児はいませんが、腹痛、発熱、初期の風邪の状況など、体調を崩しかけている園児が少しずつ目につくようになってきました。週が明けると一段と寒さが厳しくなるようです。保護者の皆様におかれましては、くれぐれもご自愛なさると共に、園児の体調管理につきましてもご配慮くださいますようお願いします。特に、朝方体調が悪そうな場合は、無理して登園させるのではなく、ご家庭で休ませてよくなったら登園させてください。
 ①避難練習を行いました。地震のあと火災が起こったことを想定しての練習です。今回は、昼休みの自由時間を使っての訓練でした。多くの園児は園庭で遊んでいましたが、室内で遊んでいる子もいます。さらに、頼りになる担任がそばんはいません。そんな中、放送が入ると全園児がその場で立ち止まり、放送に聞き入ります。この姿を見ると、とねがわ幼稚園の子は立派だなと思います。その後、指示に従って安全な場所に移動し、頭を守るダンゴムシのポーズをします。「自分で考えて自分の命を守ることができるとねがわ幼稚園の子どもたちは素晴らしい」と、川島消防署の方から褒めていただきました。
 ②ちゅうりっぷ組では、最後に入園した4人がお当番で、司会をしたり給食を配ったりしました。皆、上手にできました。
 ③年長さんは、みんなで近くの氷川神社に七五三のお参りに行きました。自分で作った袋の中に千歳あめを入れて、神様にこれまで大きく育ったことを感謝し、それぞれがお願いをしてきました。ここまで大きく育つまでには、保護者の皆様にはたくさんのご苦労やご心配があったことでしょう。皆さんが手塩にかけてお育てになったからこそ、こんなに立派な子ども達になりました。改めて、感謝申し上げます。
 
11月13日 フリースのスモッグ(黄色)の子が少しずつ増えています。
2019-11-13
 明日の県民の日は、幼稚園はお休みです。保護者の皆様の中には出勤される方も多くいらっしゃることと思います。申し訳なく思うと共に、ご協力をお願いします。
 ごく一部の子ですが、ポケモンシールを幼稚園に持ち込み、仲のよい友だち同士でシール交換をしていることが判明しました。ポケモンシールは、幼稚園に持ち込んではいけないことになっています。ポケモンシールを持ち込んだ子どもたちは、大人の目を盗んで交換していることから、「悪いことをしている」という意識はあるのでしょう。自宅でも親に見つからないようにして、園に持ち込んでいるようです。昨日、全園児に「ポケモンシール」は幼稚園に持ってこないことを確認しました。もちろん、子ども同士の物(ポケモンシールに限らない)のやりとりは許可していません(これは小学校や中学校でも同じルールです)。ご家庭でも再度ご確認ください。ただ、家に帰ってから、鞄を放り出して友だちと遊ぶために広場に駆け出して行った昔と違い、降園後、友だちと一緒に遊ぶことが難しい状況(距離が遠い、習い事で忙しい等)の中で、唯一幼稚園だけが子ども同士で秘密を共有できる場であることも事実です。そうした子どもの息苦しさは十分承知の上で、でも、幼稚園、小学校、中学校は、皆で同じルールの中で、工夫しながら仲良く遊ぶ場であるので子ども達には、知恵を絞ってまっとうな遊び(多少の危険は織り込み済み、喧嘩や言い争いだって学びの一つ)で楽しんで欲しいと思います。
 ①②③ 子ども達からたくさんの手紙をいただきます。ありがたいことです。①は年少さん。まだひらがなが書けません。でも、なんだかひらがなに似た文字を書いてくれています。お母さんの通訳で内容が分かります。②は年中さん。手紙を書いて相手に伝えたいという気持ちから、自分でひらがなを覚え、とうとうカタカナも書けるようになりました。大人が「覚えなさい」「描きなさい」と強制したのではなく、必要感から自ら主体的に学んだ姿は素晴らしいですね。③は年長さん。幼稚園では文字指導をしています。文字を書くことが楽しくて仕方がない様子が、周りの絵からも伝わってきます。
 いただいた手紙を大切にします。
【​ポ​イ​ン​タ​ー​は​新​園​舎​で​す​。​】​
qrcode.png
http://tonegawayoutien.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<学校法人利根川学園 とねがわ幼稚園>> 〒350-0165 埼玉県比企郡川島町大字中山1733-2 TEL:049-297-3000 FAX:049-297-3449