本文へ移動

園長ブログ

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

9月16日

2022-09-16
 3年ぶりの「敬老の日参観」を好天のもと、行うことができました。参観してくださったたくさんの祖父母の皆様、そして保護者の皆様、ありがとうございました。幼稚園でも笑顔の素敵な子どもたちですが、今日は、飛びきりの満面の笑顔でした。そばで参観させていただき、たくさんの「幸せ」をいただきました。
 木が年輪を重ねるように、祖父母の皆様はこれまで多くの喜びや悲しみをご経験されてきました。お孫さんの誕生は、祖父母音皆様の心に刻まれた年輪の中でもとりわけ大きな喜びであったことでしょう。誕生してから6年。お孫さんは立派に育っています。「おじいちゃん、おばあちゃんが大好き」「これまでありがとう。そしてこれからも、ずっと長生きしてください」と、そんな感謝の気持ちを届ける存在に成長した子どもたちです。笑顔の似合う子どもたちに育ったのは、ご両親の子育てのたまものであり、祖父母の皆様の優しさやご指導がお孫さんに届いた~こそです。命はリレーします。皆様の大きくてまっすぐな気持ちが、子へ、そして孫へと伝わっています。こんなにも素敵な子どもたちと私たち幼稚園職員を出会わせてくださり、心から感謝いたします。夏の暑さも和らぎ、過ごしやすく爽やかな日が増えてくることでしょう。長い間、懸命にお働きになってきた皆笹(現役の方もいらっしゃるでしょう)の労をねぎらうと共に、これからも元気に毎日をお過ごしになられることを心よりお祈り申し上げます。本日は、本当にありがとうございました。
①敬老の日参観(クラス毎に実施)
②「始めて一本橋を渡ることができたよ」 皆で拍手。
③「園長先生、朝なのに白い月が出ているよ」「本当だ。すごい発見をしたね」

9月15日

2022-09-15
 昨日までの厳しい残暑を思うと、ずいぶんと過ごしやすい一日になりました。それでも運動会練習に使う道具の準備や片付け(雑巾で綺麗に拭いて戻すことまで含めて)は、老人部隊(園長、事務長、教務、こぐま担当)の役割ですから、天候にかかわらず体には厳しい日が続きます。特に、年長オリンピックは準備する用具も多く、ついつい「明日の敬老行事には、私たちも特別招待されたいね」といった愚痴も出ます。そんな私たちシルバー人材の疲れを取ってくれるのが、園庭で躍動する子どもたちの一生懸命な姿です。かけっこやリレーの応援では応援に力が入ってしまいます。子どもたちの笑顔や悔しい顔を見ると、疲れも吹き飛んでしまうし、子どもたちのためだと思うと、衰えた筋力に不思議と力が宿ります。運動会まで、子ども同様、ベストを尽くしてがんばります。
 明日は、3年ぶりの敬老行事です。お年寄り(自分も含めて)を招くことは感染リスクもあり、各ご家庭でも判断にお迷いになったことと思います。明日は、59名の祖父母の皆様がお越しになると言うことですから、感染防止対策をしっかりと行いながら、でも幼稚園らしく家族同士の触れ合いの場面を盛り込みながら進めて参ります。どうぞよろしくお願いいたします。
 ①登園してきた年少さんが、「もうはっぱが きいろになったよ」と秋を届けてくれました。黄色く色づいたイチョウの葉が、私には黄色く染めた和紙のように輝いて見えました。「わあ、きれい。ありがとう。教室にかざろうね」
 ②「いらっしゃい。いらっしゃい。たこ焼きと焼きそば いかがですか」元気なかけ声が聞こえてきます。お客さんが買おうとすると、「100円です。お金がないと買えません」「お金はないよ」「おかねはここにあるのでひとつとってください」 え!!! なんと太っ腹な。お金がなくても安心して買えるシステムになんだかほっこりしました。もちろん私も貸してもらった100円で焼きそばを購入し、年長さんと一緒にテラスに座って食べました。年長さんは「うめえ~」と劇が上手い。その上、割り箸でつまんだたこ焼き一つを、私の焼きそばの上にポンと入れてくれました。なんて優しいのでしょう。
 ③運動会練習、最後の種目「年長オリンピック」を実際のコースで行いました。最初の壁が「逆上がり」 続いて「後ろ回り」「一本橋」と続き、最後は「台上前転」。4段の跳び箱と、3段の跳び箱のどちらかを選んで見事着地すればゴールです。運動競技の場合は、速い、遅い、できた、できないが一目瞭然ですから、走るのが苦手な子、できない子にとっては辛い種目になります。でも、できないこと(苦手なこと)があるのが人間です。苦手でも、挑戦する気持ち、一生懸命な気持ちをもって臨むことが大事です。そしてもっと大事なのは、できなくても、苦手でも、運動が好きな気持ちをずっと持ち続けることです。ぜひ運動会当日は、できないことを評価するのではなく、もう少しでできそうな技の仕上がりや、できなくてもがんばる気持ちをうんと評価してください。もちろん、新幹線のように速く駆け抜けたり、かっこよく技を決めたときには、うんと褒めてあげてください。これから新しいことにたくさん出会う子どもたちです。幼稚園の子どもに価値付けし、ランク付けするなんてナンセンスです。子どもの可能性は宇宙より広いのですから。今からたくさんの自信をもつことで、きっとお父さん、お母さんを超える人材に育ってくれることでしょう。

9月14日

2022-09-14
 今日も運動会の練習を年長を中心に行いました。暑い中ですが、どの子もがんばりました。運動会本番に、最高の力を発揮できるよう幼稚園では健康観察をしっかり行います。各ご家庭でも体調管理をよろしくお願いいたします。
 放課後、担任が保護者の方とお話をした内容を報告してくれました。「あの事件(静岡県の幼稚園バス置き去り死)の後、子どもをバスに乗せるのがとっても不安なんです。幼稚園に着いたら、着いたことを電話で尋ねたいくらいです。」と、保護者の方の不安を実際にお聞きしました。「でも」とその方は続けたそうです。「娘(本園の卒園生、現在小学生)が、とねがわ幼稚園の先生はダイジョウブ。私の時も、最後までちゃんとみてくれたからね。と言うのです。娘の言葉を聞いて安心しました。これからもよろしくお願いします。」と。
 職員の子どもの安全に対する動きや配慮を幼稚園児が全て理解できるわけではありませんが、本園の職員を信頼してくれていることはとてもありがたく心強く思いました。現在本園に通園しているお子さんや保護者の皆様だけでなく、卒園生の信頼に応えるためにも、安全管理について繰り返し、点検、見直しを行ってまいります。また、不安がありましたら遠慮無く幼稚園までお知らせください。
 ①②③登るのはそこに棒があるあからなのでしょうか。登りたくなるのは人間の本能なのでしょうか。
 私の尊敬する校長は、校庭にある子どもにとって魅力的な木(登りたくなる木)に、子どもが登らないように柵を作るのではなく、登って落ちても安全なように、毎朝、石拾いをしていました。そういう人間になりたいと念じ続けましたが、なかなかなれそうにありません。それでも、登っている子にそっと、「自分の力で登って、すごい。」と心の中でエールをおくりました。

9月13日

2022-09-13
 今日の放課後、保護者の方から、「静岡県で痛ましい事件(幼稚園バス園児置き去り死)がありましたが、とねがわ幼稚園の先生方が一生懸命に保育を行ってくださっているおかげて、私たち保護者は安心して子どもを預けることができます。」とありがたいお言葉をいただきました。私たちは何よりも対せつな命を守ることは当然の義務だと考え日々の保育を行っています。笑顔でお預かりしたお子さんを笑顔でお返しするのが私たちの責任です。でも、次にやることで頭がいっぱいだった時、ふと別のことを考え気をゆるめてしまった時…ヒヤリとした瞬間がこれまでにあったかもしれません。たまたま大きな事故につながらなかっただけのことかもしれません。私たちは、今回の静岡県での事故を決して他人事とせずに、これまでの本園のマニュアルや対応を再確認し、見直しています。また保育者一人一人が幼い命を預かる者としての責務を果たし、組織として子どもたちを守ってまいります。
①年中さんの玉入れを応援するひよこ組の可愛らしい妹さんや弟さん。たくさん玉がはいると拍手を届けていました。
②朝のちゅうりっぷ組。お姉さんと一緒にブロック積み。さて、どのくらい高く積み上げたでしょうか。
③年少さんが、チャボ小屋のそとから小屋の中に、草をそっと忍び込ませます。するとすかさずチャボがその草をついばみます。驚いて手を離すと、すっとその草やチャボゴヤの中に消えていきます。そんな楽しい遊びは伝染します。年長さんが集まってきて同じ事がはじまりました。会話はなくても楽しそうです。

9月12日

2022-09-12
 朝の涼しいうちにと思っていたのですが、日射しが強く、子どもたちにとってはちょっぴり我慢が必要な運動会の全体練習になってしまいましたが、どの子も最後まで参加しました。次は運動会予行です。運動会本番までまだまだ乗り越えなくてはならない壁があります。子どもたちの健康観察を十分に行うとともに、水分補給や休憩をとりながら、進めて参ります。
 満3歳、年少さんの遊戯。年中さんのパラバルーン。年長さんの鼓笛と少しずつ形になりつつあります。運動会当日をお楽しみにしてください。
 運動会の最終種目年長さんの全員リレーですが、今日も走りました。バトンを受け取り前を向いて走るときの子どもたちの日焼けした顔は、どの顔も格好いいですね。運動会当日は、どんなレースを見せてくれるでしょうか。
 どの子も皆、元気に運動会当日を迎えられますように!
学校法人利根川学園
とねがわ幼稚園

〒350-0165
埼玉県比企郡川島町大字中山1733-2
TEL.049-297-3000
FAX.049-297-3449
幼稚園概要
・昭和52年創立
・冷暖房完備
・預かり保育あり
・送迎バス2台運行
・敷地2513㎡

■ 預かり保育
■ 課外教室
■ 未就園児教室
TOPへ戻る