本文へ移動

園長ブログ

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

2月19日 

2024-02-19
 今日は雨の降り出しが早くて、一日屋内で過ごしました。今日のお休みは、11名。胃腸炎の子が2名(両名共に回復)、その他の子は、発熱、腹痛でお休みです。明日は5月の陽気になり、その後は真冬の気温になるということですから、健康を維持するには難しい日が続きます。子ども達はもちろん、私たち大人も健康には留意したいものです。
 とねがわ幼稚園の先生方を観察していると、子ども達の憧れにふさわしく、はつらつとし、笑顔が魅力的で、シンデレラのように何でもできてしまいます。でも、時々、間違えたり、失敗したりすることも当然あります(にんげんだもの)。そんな時、とねがわ幼稚園の先生は、その失敗を子どもの前で隠すことをしません。そんな姿を見て、素敵は保育者だなと思います。だって、子どもは失敗する大人を見るから、安心して未来を描けるのですから。
 ①各教室を回っての鑑賞会。体験できる作品もあり、皆で楽しみました。
 ②とねっこタイム(縦割り活動)。年少さんもすっかりお兄さんお姉さんに慣れ、楽しく一緒に遊ぶことができました。
 ③年中さんのお菓子の家は、お菓子がすっかりはぎ取られると、「みんなのおうち」にリフォームされました。家のなかまで装飾がほどこされ、新しい家のようです。子どもの創作意欲には、終わりがありません。

2月17日 作品展

2024-02-17
 本日は作品展にお越し下さり、ありがとうございました。教室をのぞくと、自分の作品を指さしながら、携帯のカメラを作品に向けながら、友だちとバスに乗りながら、作品についてを親子で話しながら…と、たくさんの笑顔がありました。今できるありったけの力や想像力で作った、世界にひとつしかない作品を楽しむ親子の姿は、私たちにとってもとても幸せな時間になりました。
 共同作品は、年少さんは教師の手を借りて、年中さんは教師の思いを越えて、年長さんになると自分たちだけで創り上げました。見て楽しむ以上に、どんな思いでつくったか想像していただけると、その作品の価値やお子さんのよさに気づくはずです。
 週明けの月曜日は、作品の片付けの前に、各クラスに展示された作品を鑑賞します。発熱等でお休みしたお子さんが回復して、月曜日には来られることを祈っています。
 今日は一日、たくさんの笑顔をありがとうございました。

2月16日

2024-02-16
 昨夜来の春の嵐が吹き荒れ、朝の幼稚園のあちこちに、様々な残骸が飛び散らされていました。きっと、子どもたちが大好きな牛乳パックの一つ二つが、フェンスを越えて近隣の皆様にご迷惑をおかけしているかもしれません。
 ①どの学年も、明日の作品展のための準備を行いました。作品を並べただけでなく、展示台の飾りも子ども達が行いました。大人がやれば早くて見栄えがよいのでしょうが、なんとも言えない味のある飾りが、私の心を打ちます。凝り固まった大人の世界の尺度ではない、自由な子どもの世界の発想を、明日は、ぜひご堪能下さい。そして、子ども達がその作品とどうかかわり、どんな思いで描いたのか親子で会話できるといいですね。
 ②朝も帰りの前も、引き続き冷たい風が吹いていましたが、外遊びをしたい子ども達は、私も含めて園庭での遊びを楽しみました。強い風にも負けずに縄跳びカードに挑戦し、クリアしている子もいて、その不屈の精神に大きな拍手です。
 ③月極の子に限ってのさくらんぼでしたが、今日のさくらんぼは大賑わい。

2月15日

2024-02-15
 天気予報通り、いっぺんに春が来たような日になりました。黄色のスモックの子は一人もいません。腕まくりをしている子もいっぱい。教室のドアを開け広げていても苦になりません。手洗いさえも気持ちよく、園庭を走り回った子の鼻の頭には小さな汗の玉がついていました。でも、本物の春が来るまでには、こんな暖かな日と寒い日が交互にくるのでしょう。風邪引きさんになりませんように。
 ①体操自由参観の最後は年長組。今日も多くの保護者の皆様にお越しいただき、子ども達の格好いい姿を見ていただけたことと思います。帰りがけの親御さんが、ホールから出た息子さんに「とてもよくできてたよ」と声を掛けてくださったそうです。すぐに褒めてもらったお子さんは、ニコリととても嬉しそう。上手い下手、友だちと比べてではなく、本人のがんばり、本人の成長した姿を認めることは、とても大切なことですね。
 ②③挑戦し続けること! 苦しさを乗り越えること! できた! 嬉しい! 自信に!

2月14日

2024-02-09
 昨日よりも、暖かな1日でした。朝は、黄色のスモックの子もいましたが、日中は一人も黄色のスモックの子はいませんでした。明日も暖かな日になると言うことで、年寄りにはありがたいことですが、あまりに常軌を逸した気温に、自然はだいじょうぶだろうかと心配になります。私たち大人は、子ども達に、この美しく、豊かな自然環境を受け渡す責任があります。そのためにも過剰な消費は慎まなければなりません。
 欠席は10名でした。新たに流行性耳下腺炎(おたふく風邪)になったとの報告がありました。本園では、インフルエンザに発症しているお子さんはいませんが、坂戸のある中学校では、生徒の約4割(教職員も)がインフルエンザに罹患し、学校閉鎖になったということです。まだまだ油断ができません。引き続き、幼稚園でも感染症対策を続けて参ります。
 ①体操自由参観(年中)には、たくさんの保護者の皆様にお越しいただきました。日頃の成果をご覧いただけたでしょうか。年長になると、本日行った種目をより高度にし、運動会で披露します。
 ②ポカポカ陽気に誘われて、たくさんのクラスが園庭に出て、愛情たっぷりのお弁当をいただきました。自然と学年を越えて混じり合うようにして食べている姿がありました。「ハッピーバレンタインデーからあげ弁当」と名付けられたおいしそうなお弁当がありました。たくさん隠されているハートを探しながら食べている子どもの姿もありました。中には、わざわざ日陰を見つけて食べている子がいるくらいのポカポカ陽気でした。今日も、美味しくて、愛情たっぷりのお弁当を作ってくださり、ありがとうございました。
 ③新しい保育棟のエントランスにシンボルツリーが植えられました。ヤマボウシ。白い可憐な花を咲かせる頃には、新しく仲間になったちびっ子達が手を伸ばすことでしょう。
学校法人利根川学園
とねがわ幼稚園

〒350-0165
埼玉県比企郡川島町大字中山1733-2
TEL.049-297-3000
FAX.049-297-3449
幼稚園概要
・昭和52年創立
・冷暖房完備
・預かり保育あり
・送迎バス2台運行
・敷地2513㎡

■ 預かり保育
■ 課外教室
■ 未就園児教室
TOPへ戻る