本文へ移動

園長ブログ

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

2月5日

2024-02-02
 外は雪国を見まごうばかりの雪景色になりました。子ども達はきっと大喜びしている頃でしょう。もしかしたら、すでに雪まみれになって遊んだ後かもしれません。風邪をひきませんように! 欠席者の総数は減ってきているものの、インフルエンザになったとの連絡がありました。
 雪により明日は休園とさせていただきました。お仕事をお持ちの方にはご迷惑をおかけします。なお、交通手段が確保できる職員は出勤していますので、何かありましたら連絡ください。
 ①雨が白いものに変わった瞬間、教室から歓声があがりました。
 ②小さな白いつぶは、みるみるうちに大きくなり、そのうち雪を見てはしゃぐ子ども達の姿は霞んでしまいました。
 ③小やみになった芝生の上で、体全体で久しぶりの雪の感触を楽しみました。
 ★昨年度までの「今日の保育から」を全てサーバーから削除しました。現在見られるのは令和6年度の「今日の保育から」になります。

2月2日

2024-02-02
 お子さんがインフルエンザAになったとの報告が1件ありました。体調を崩してお休みする子は11名と、一時期に比べるとずいぶん減っては来ましたが、まだまだ油断はできません。週明けの月曜日は雨が雪になるかもしれないという天気予報が出ています。天候も桜の咲くほどの暖かさから、真冬の寒さに急降下するなどなかなか安定しません。このお休みで少しでも体を休めて、また元気な子ども達と笑顔で会いたいと願います。
 HPの写真(今日の保育から)は、令和4年度以前のものは全て削除しました。今後、1~2ヶ月以前のものは順次削除していく方向でいます。子ども達の笑顔の思い出は、心のアルバムにそっと保存します。
 作品展に向けて、各教室で共同制作が始まっています。学級を解体して、子ども達が入り乱れ、協力して一つの物を作っています。これは来年度の進級先の新しい学級づくりのための準備の一つです。これから様々な編成で、クラスの枠を超えた友だち関係を広げます。こうすることで、4月、クラス替えをした時の不安が少しでも解消できます。知っている友だちがいることで心の安定が図れます。今日、年少さんのお母さんが、「息子は来年度の担任の先生は、○○先生(本年度の担任)か、○○先生(きょうだいの担任)か、○○先生で迷っているようです」とお話しくださいました。夢が叶うかどうかは「神のみぞ知る」ですが、ぜひ出会いを大切にして欲しいし、そういう出会いができるような担任であって欲しいと思います。
 ①年長さんのクラスをのぞくと、卒園式で歌う歌(はじめのいっぽ、さよならぼくたちのようちえん)の練習が始まっていました。毎年、この歌を聴きながら子ども達との思い出を重ねると、自然と涙が湧いてきます。もう、そんな日が遠くないことを実感しました。入園して以来、一人一人の幼稚園での成長をずっと見てきた子どもたちです。どうしても感傷的になってしまいます。これまでの卒業式や卒園式では、ぐっと我慢して涙をこらえてきましたが、今朝の歌を聴いていたとき、少しだけウルッとしてしまいました。大好きな子どもたち。かけがえのない子どもたち。私の誇りの子ども達。
 ②③保育棟が完成に近づいてきました。今日は厨房施設が搬入されました。幼稚園棟のエントランスからのびるテラスの先には保育棟があり、保育棟のエントランスホールには電気がつていました。来週は、南門(0~2歳児を入園させる保護者の皆さんがお子さんを登園させるために作られた新しい通用門)から保育棟入り繰りまで伸びる通用路にコンクリートが打たれ、また、各教室に備品も搬入されます。完成にぐんぐん近づいています。幼稚園棟の各教室からも、保育棟の大屋根を見ることができます。昨年の夏休みまでの景色と大きく変わっています。

2月1日

2024-01-30
 今日は朝から、冷たい北風が暴れていました。園庭の砂も飛ばされ、目をこする子もいたので、朝マラソンを中止にしました。小学校に勤めていた頃、朝マラソン中止の放送をすると学校を揺るがすくらいの歓声(嬉しい雄叫び)があがったものですが、幼稚園ではそういう喜びの声はあがりません。担任に聞くと、「走りたかった」という子が結構いると言うことでした。そう考えると多くの子どもは本来、走ることが好きなのかもしれません。マラソン大会で順位付けされたり、速く走ることを求められたりするから、走ることをが嫌いになってしまうのでしょうか。それとも認知能力の発達とともに自己と他者の能力の違いに気づき、諦めや逃避する気持ちが増大するのでしょうか。明日が最後の朝マラソン。天気がよくなりますように。
 インフルエンザの感染状況ですが、現在出席停止になっている園児を除き、新たな発生はありません。少しずつ、落ち着いてきているようです。暖かい日が続いたせいか病気で欠席する園児もぐっと少なくなってきました。でも、明日からはまた気温がぐっと下がってくるようです。お互いに自分の体をいたわりましょう。
 ①昨日から始まった縄跳び。早速「縄跳びカードが終わったよ」と持ってきて見せてくれる子がいました。さらにその上のカードまで終わりにする子も。冷たい風に負けずに、どの子も縄跳び名人を目指して欲しいと思います。
 ②③今日の豆まきは、ちゅうりっぷ組、年少組、年中組。そして鬼役は年長組。ホールに集まった豆まき組の子ども達の前に、鬼のお面をかぶった年長組が現れると、普段と違い迫力のある鬼(年長児)にちょっぴりひるむものの、新聞紙を丸めて作った紙つぶてを鬼めがけて投げていました。最後は年長児に「ありがとうございました」と言ってめでたし、めでたしでした。

1月30日

2024-01-30
 今朝の天気予報では、三月頃の陽気になると言うことですが、当たりました。園庭に刺す日差しは春めいていて、どこかウキウキする気分で子ども達と遊びました。春の温かさは好きですが、冬の厳しい寒さがあるからこそ、春が待ち遠しいのでしょう。今は、一年で最も寒い時期ですが、子ども達の元気をいただきながら乗り越えようと思います。
 今日の病欠は、14名(内インフルエンザによる出席停止が10名、コロナウイルス陽性による出席停止が1名)、発熱等による早退者も2名でした。全体的な欠席者の人数は減ってきましたが、ウイルス感染による出席停止者は、高止まりの状態です。全園児が笑顔で揃う日をただただ待つばかりです。
 ①②③いよいよマラソンも2日金曜日までとなりました。冷たい朝でも、マラソンをした後は体がポカポカします。ぱっちり目が覚めて、1日の活動にも活力が出るような気もします。残り3日間のマラソンを子ども達と一緒に楽しもうと思います。 
 ※体操着登園も今週で終わります。2月5日(月)からは、制服登園になります。これまでのご協力に感謝いたします。

1月29日

2024-01-16
 日中は、暖かな日でした。子ども達も園庭で、笑顔いっぱいに飛び回っていました。具合が悪くて休みの子は15名(内10名がインフルエンザ)でした。発熱による早退者もいます。本園だけでなく、あちらこちらの学校や幼稚園でインフルエンザ感染が広がっているようです。病院に行くとインフルエンザ患者がいっぱいという話も聞きました。これ以上広がりませんように。
 ①本棚の前で絵本を読んでいるのかなと思ったら、文面を自分の体とは反対に向けて、まるで保育者が子ども達に読み聞かせをするように絵本を読んでいました。子どもは大好きな大人の真似をするといいますが、その通りだと思いますし、ちょっぴり背伸びをしたいものなのだと改めて思いました。
 ②子ども達がおままごとをしていました。パソコンのキーボードを打ちながら家事をしている姿は、昔のおままごとでは出会うことはありませんでした。デジタル時代だからこそのおままごとでした。
 ③日本が打ち上げた月探査機SLIMが、ピンポイントで着陸予定地に降り立ったとニュースで流れていました。朝の西の空に浮かんでいる月の正面に、SLIMは鎮座しているのでしょうか。新聞紙を42回折ると月に届く高さになると言います。子ども達が大好きな新聞紙で、私を月に連れて行ってくれないかなあ。
学校法人利根川学園
とねがわ幼稚園

〒350-0165
埼玉県比企郡川島町大字中山1733-2
TEL.049-297-3000
FAX.049-297-3449
幼稚園概要
・昭和52年創立
・冷暖房完備
・預かり保育あり
・送迎バス2台運行
・敷地2513㎡

■ 預かり保育
■ 課外教室
■ 未就園児教室
TOPへ戻る