本文へ移動

園長ブログ

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

5月20日 外で遊べた!!!!!!!

2021-05-20
 ムシムシする日になりました。でも、そんなことを嘆くより、嬉しかったのは久しぶりに園庭で思い切り遊ぶことができたことです。外遊びから帰った子の髪の毛がシャワーを浴びたように汗でぬれていました。
 ①職員がカタツムリを見つけてきました。水槽に入れて職員室の前に置くと、さっそく見つけた子どもたちが「何が入っているの?」と興味津々。じっくりのぞいて観察する子が出てきます。友だちと連れだってくる子もいます。「でんでんムシだ」「カタツムリだよ」「園長先生、どこでみつけたの?」「誰が見つけたの?」「つのがでている!」「(入れてあるキュウリを見て)メロンをたべるんだね!」「もっと水をいれないでいいの?」と知っている情報を友だちと会話して深めたり、疑問を口に出したりと、一つの水槽が、子どもたちの興味関心をかき混ぜます。教師は何もしていません。ただ置いておくだけで、子どもの『もっと知りたい』という力がモクモクとわいてくるのですね。
 ②「園長先生、見て! お母さんに買ってもらった靴! すてきでしょう!」と新しい靴を自慢そうに見せてくれました。幼稚園は制服登園なので、自分らしさを表すことのできるのは、唯一『靴』なのでしょう。「この靴は速く走れるんだ。園長先生、競争しよう。」「靴が光るんだよ。ディズニーみたいでしょう」「靴の後ろを見て」と、新しい靴で登園する子は、そんなふうに靴を見せてくれます。
 ③よい姿勢の子を発見。気力&筋力&体力とが合わさって、この姿勢があるのです。私はそろそろ腰や背中が曲がってきました。気力はあるつもり&筋力はあるつもり&体力はあるつもり…「つもり」ばかりが積もりに積もって、ますます曲がってしまいそう。

5月19日 今日も雨

2021-05-19
 今日の欠席者は19名(11%)と依然高止まりの状況にあります。主な欠席理由は風邪症状が多いようです。ご家族の健康には十分お気を付けください。
 今日は本年度最初の『お弁当の日』でした。お弁当箱のふたをあける前に、(お弁当のよい匂いをかぐために)深呼吸をする子、(除くのを我慢しなければならないのに)そっとのぞいてみる子、「このお弁当はね、パパが作ったんだ。パパはお弁当作りのプロなんだ。」と嬉しそうに語ってくれる子…と、お弁当箱を前にして、ニコニコ笑顔の子どもたちでした。お家の方が作る愛情たっぷりの「お弁当」は、子どもたちにとって宝物です。だから、いつもお弁当表のスタンプやシールが2や3の子も、「今日はチャンピオンだった」と胸を張って報告してくれました。お弁当を作ってくれたお家の人に「ありがとう」が言えたでしょうか?
 ①幼稚園を訪問してくださる先生方は、「とねがわ幼稚園は、どの子も分かり易い仕組みが至る所にありますね。」と褒めてくださいます。ホワイトボードに書かれた「今日の保育」の流れ、下駄箱&ロッカー&タオルかけに貼ってあるシールなどなど。すごく嬉しいことです。こうした仕組みはもう20年も昔から行われているのだそうです。そして、こうした仕組みが、先生方の入替があっても代々続いていること、しかも、年々子どもたち目線に近づいているのです。私にとってもっと嬉しいのは、仕組みがあっても、それを使わなくては意味がありません。子どもたちの実態に応じ、子どもたちのために日々工夫改善している先生方がいることです。これは私の自慢です。
 ②元気にホールを走り回りました。
 ③「外で遊びたいけれど、雨だ~」
 

5月18日

2021-05-18
 雨という天気予報で準備はしていましたが、思ったよりも早く雨が降り出しました。子どもたちは朝から帰るまで屋内で過ごしました。外で思い切りエネルギーを発散させたいところでしょうが、屋内で落ち着いて過ごしていました。昨年度まではテラスを走る子が多かったのですが、今日は一人もいませんでした。それどころか「テラスは歩くんだよ」と教え合っている子もいます。そんなテラスの上で、お友だちのお母さんの姿を見るとすぐに「おはようございます」と気持ちの良いあいさつをしている子を見つけました。担任が職員室から戻るのをずっと先から見つけた子が「お帰りなさい」と温かな言葉で迎えていました。こうしたあいさつが自然とできるようになったらいいなと願っています。保護者の皆様が、顔を合わせた保護者の方に、知っている知っていないにかかわらず、あいさつを交わしている姿をよく見かけます。これも嬉しいことです。子どもは大人の姿を見て育つといいますから。
 ①雨で湿った園庭を見て。「外遊びはできないね」
 ②ゆっくり体を休めすのは人形だけではありません。今日も18名のお休みです。ゆっくり休んで、体力をつけて、元気になってね。幼稚園で待っています。
 ③「乾杯」

5月17日

2021-05-17
 引き渡し練習には、ご参会いただきありがとうございました。本日の欠席者は、22名。そのほとんどが風邪症状です。10名しかいないクラスもありました。連休明けになって、年度当初の疲れがでているのでしょう。また、1日の気温の変動が大きく、体調を崩してしまいがちなのかもしれません。ご家族そろって、ご自愛なさってください。とりあえず、教職員は全員元気いっぱいに出勤しています。
 ①年少さんは、2輪バイクの練習をしました。まだ小さな子は、足が届かないこもいましたが、新しい乗り物に興味津々の様子でした。
 ②年長さんのクラスを覗いていたら、「園長先生、見て。100まで書くから」とスケッチブックを見せてくれました。できることが増えるということは、子どもにとって嬉しいことですし、自慢なんですね。だから、いっぱい褒めました。
 ③先生の背中は魔法の背中。そっと手を触れるだけで心が落ち着きます。背中にそっと触れる優しい手が、いつかたくましく力強くなって、今度は、誰かをぎゅっとして、安心させる手になるのでしょうね。

5月14日

2021-05-14
 ①今日は暑い中、引き渡し練習へのご参加ありがとうございました。予定通りに引き渡すことができました。感染対策を含め、皆様のご協力に心より感謝いたします。お子さんを保護者の皆様に引き渡さなければならない非常事態が起こらないことを祈るばかりですが、いざというときには今回の練習のように、お子さんをお返しします。また、保護者の皆様がお越しいただくまでは、幼稚園でお子さんの命を大切にお守りいたします。「こうして早く帰れた日なので、子どもとゆっくり過ごします。」と前向きにとらえた感想もいただきました。ありがとうございます。
 ②先日の園だよりでお知らせしたように、本園では、給食の後(お弁当の日も)、どれくらい食べたかを毎日チェックしています。このチェックは、食べられない子を洗い出すために行うわけではありません。たくさん食べて欲しい、何でも食べられるようになって欲しいという願いのもと、子どもに強制することなく『励み』にして欲しいために実施しています。3年前、本園に着任したとき、ある方から、「とねがわ幼稚園の給食カードは素晴らしいですね。すべての評価がプラスの表記です。ふつうは、『食べられませんでした』と、食べられなかった子ががっかりしてしまう標記なのに、『明日はがんばろう』と次の励みにしている評価のことばが素晴らしいです。」とほめていただきました。
 ③朝、幼稚園に登園すると教室で荷物を整理し、出席ノートにシールを張り、着替えて、外へでる準備をします。早い子は、8時50分頃にはすっかり準備をすませてテラスに並んで合図を待ちます。9時に担当者が「外遊び開始」の合図を出すと一斉に外へ飛び出します。毎朝繰り返される気持ちの良い静と動です。


学校法人利根川学園
とねがわ幼稚園

〒350-0165
埼玉県比企郡川島町大字中山1733-2
TEL.049-297-3000
FAX.049-297-3449
幼稚園概要
・昭和52年創立
・冷暖房完備
・預かり保育あり
・送迎バス2台運行
・敷地2513㎡

■ 預かり保育
■ 課外教室
■ 未就園児教室
TOPへ戻る