本文へ移動

園長ブログ

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

8月24日

2022-08-25
 三日間の夏期保育の最終日でした。涙を見せる子もいましたが、自然に泣き止み、帰るときには、友だちとたくさんの笑顔で微笑み合っていました。いよいよ9月1日から、最長、行事てんこ盛りの2学期がスタートします。体調に留意し、どの子も健康で、笑顔いっぱい幼稚園生活を楽しんで欲しいと願っています。
 ①今日は8月のお誕生会。皆で誕生をお祝いしました。「おたんじょう おめでとう」
 ②運動会終了後、10月4日には衣替え。夏らしい麦わら帽子姿が見られるのも残り1ヶ月となりました。
 ③半日保育でも、大好きなお家の人と一緒に少しでも長くいたいのでしょう。帰りのエントランスからのぞく瞳は、お家の人の姿を真剣に探しています。頑張った子どもたち。今日も、ギューッと抱きしめてあげてください。

8月24日

2022-08-24
 今日も朝から、不快な蒸し暑さが全身を包みました。残り少なくなった夏休み。気持ちのよい夏が戻ってきますように。
 ①年少さんは、シャボン玉遊びをしました。上手に拭く力を加減しながら上手にシャボン玉をつくっていました。
 ②年中さんは、今年最後の水遊びを楽しみました。固まったり、溶けたりする不思議な白い液体に触れて??? 全身に水を浴びてびしょびしょになる子もいました。
 ③年長さんは、新聞紙遊び。小さくちぎってシャワーのように浴びたり、友だちと掛け合ったり。新聞紙のお風呂で寝転ぶ子もいました。
 明日は、誕生会。皆で祝います。

8月23日

2022-08-23
 久しぶりに園庭に子どもたちの元気な声が戻ってきました。草も木も、ウサギもチャボも、ディノワールドもわんぱく山も、教室もトイレも、何もかもが嬉しそうでした。
 ①年少さんはまとあてゲームを楽しみました。最近の子は投力がないといいますが、剛速球を投げる子もいて、将来は大谷投手のようになるかもしれません。
 ②年中さんは、育てたアサガオの観察後、コーヒーフィルターをアサガオ色に染めました。園庭のアサガオに負けないくらい美しいアサガオの花が教室に咲くことでしょう。
 ③年長さんは、オセロで盛り上がりました。先生チームとの対戦でしたが、子どもたちチームの圧勝に終わりました。
 さて、明日はどんな楽しいことが待っているでしょうか。おたのしみ! それではまた明日、元気に会いましょう。
 職員は全て抗原検査を行い、陰性を確認し、本日に臨みました。明日も最高の笑顔で子どもたちを迎えます。

8月19日

2022-08-19
 ①朝からさんさんと輝く太陽。まぶしい光に包まれて、外遊びで汗を流しました。本日の担当職員に「水遊びはしないの?」と尋ねると、「日射しは強くても風はもう秋ですから」と。確かに、お盆を過ぎて、秋がすぐそばまでやってきたような気がします。
 ②「大きなショウリョウバッタを捕まえたよ」「バッタを捕まえた」「トンボを捕まえたんだ」とたくさんの虫と友だちになった子どもたち。アブラゼミを見つけたので、子どもたちに差し出すと、あのバルタン星人のような顔に怖れを成しているのかつかめる子はいませんでした。
 ③子どもたちが来る前のアサガオの花には、つかの間の静寂を楽しむ昆虫たちの姿がありました。

8月18日

2022-08-18
 朝からの雨が、心地よい風を運んでくれました。卒園生と夏休みの宿題のお話をしました。「もう終わった」とすまし顔で答えてくれた子が1名。「もう少し。最後の感想文。」と笑顔で答えてくれた子が2名。「まだ…」と絶句した子が2名。宿題が終わろうが残っていようが、今日を含めて14日(2週間)で長かった夏休みが終わります。幼稚園の皆さんは、宿題のない最高の夏休みを元気に過ごしているでしょうか。
 アサガオの葉を見つめると、様々な顔をした葉に出会います。堂々としている葉。スマートな葉。ハート型の葉。斑入り模様で着飾っている葉。虫に食われてもすまし顔の葉。なんだか子どもたちの顔を見ているようでした。同じ葉ですが、一枚一枚形が違います。一枚も同じ形の葉はありません。そしてそのどれもが太陽をまっすぐに見て、一生懸命に生きています。そんなところも子どもたちに似ています。美しいアサガオの花は見応えがありますが、それと同じくらいアサガオのたくさんの葉を愛おしく思いました。
学校法人利根川学園
とねがわ幼稚園

〒350-0165
埼玉県比企郡川島町大字中山1733-2
TEL.049-297-3000
FAX.049-297-3449
幼稚園概要
・昭和52年創立
・冷暖房完備
・預かり保育あり
・送迎バス2台運行
・敷地2513㎡

■ 預かり保育
■ 課外教室
■ 未就園児教室
TOPへ戻る